2019年04月14日

京阪神の新快速に有料座席が誕生

DSC03891 京阪神を走るJR西日本の琵琶湖線、JR京都線、JR神戸線(東海道線、山陽線)の新快速電車には転換シートを備えた223系、225系が使用されております。
 今回、2019年春のダイヤ改正では極一部の新快速電車に有料座席「Aシート」が誕生しました。


DSC03885 運転本数は2019年4月現在では網干・姫路〜野洲間を1日2往復の運転となっております。
 新快速電車の12両編成(8両編成+4両編成)のうち9号車が「Aシート」となります。

DSC03887 従来の223系1000番台4両編成の下り先頭車両を改修したもので、室内は特急列車の普通車に匹敵するリクライニングシートとなっています。
 背面テーブル(最前列となるシートでは折り畳みテーブル)や肘掛先端には充電用コンセントまたフリーWiFiが備わっています。

DSC03886 なお、この「Aシート」は予約制や前売りではなく、自由席となっており、乗車後に着席してから料金を支払うシステムとなっております。
 そのため途中駅からの利用では満席で座れないといった状況もあります。<体験時期 2019年4月>


upperclass at 00:16コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
おすすめ列車 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月間アーカイブ