2018年04月15日

仙台と苫小牧を結ぶ太平洋フェリー「きたかみ」スイートルーム

5418 北海道・苫小牧から太平洋を航行して仙台、さらには名古屋までとを結ぶ太平洋フェリーの中で最古参となっている「きたかみ」。2019年には新造船ができることから引退する予定となっています。
 現在では通常は仙台〜苫小牧間のみを運航するダイヤとなっております。
 「きたかみ」では最上級クラスのお部屋はスイートルームとなっておりロイヤルスイートはありませんが、スイートルームは2部屋、セミスイートルームは4部屋とスイートクラスのお部屋は多めの設定になっています。


5329 5332






広いお部屋には船首寄りにはツインベッドがあり、横の窓側にはゆったり寛げるソファーがあります。



5333 5335






ベッド周りと鏡台。ベッドに横になりながら見える位置にもテレビがあります。



5334 5336






ソファー周りとソファー以外にラウンジ風のカウンター形式のイスとテーブルがあります。



5340 5407






なお、バスルームは展望式ではなくユニットバスタイプとなっています。ベッド横の窓からは船首の景色が見えます。



upperclass at 00:32コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
船・フェリー 上級船室 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月間アーカイブ