2018年03月04日

JR北海道 札幌〜函館間を結ぶ特急「スーパー北斗」号 キハ281系グリーン車

5428 札幌と函館とを結ぶ特急「スーパー北斗」号には現在は2種類の形式が使用されています。1994年のデビュー当初から一貫して使用されているキハ281系はもっぱら「スーパー北斗」号専用形式です。
 キハ281系「スーパー北斗」号は7両編成で3号車がグリーン車となっています。


5442 デビュー当初よりグリーン車は横3列シートで振り子式車両のため、客室中央部で「2−1配列」から「1−2配列」へと変わります(変更位置となる5番席は「1−1配列」となります)。
 2011年終わりよりグリーン車のリニューアル工事が行われ、現在のシートは茶系のシートに大きな背面テーブル、ドリンクホルダー、読書灯、コンセント付きとなっています。

5443 キハ281系は「スーパー北斗」号のうち5往復に充当されており、2018年3月ダイヤ改正での「北斗」号の「スーパー北斗」号への置き換えも影響なくそのまま5往復で推移していきます。
 この改正での「スーパー北斗」号増発分はキハ261系1000番台が充当され、今後はキハ261系1000番台が「スーパー北斗」号の代表となる感じです。<体験時期 2017年11月>


upperclass at 00:20コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
JR特急/急行 グリーン車 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月間アーカイブ