2017年07月02日

JR北海道 特急「オホーツク」キハ183系 グリーン車

1889 札幌と網走を結ぶ特急「オホーツク」号は2017年春の改正から一部列車が旭川発着の「大雪」号へと置き換わり、現在では札幌発着列車は2往復のみの運転へと変わりました。
 北海道内ではキハ261系1000番台が増備されていますが、「オホーツク」号、「大雪」号では全列車がキハ183系での運転となっています。


1907 キハ183系も特に初期車である0番台等が多く廃車されてきており、主に500番台の車両が使用されていますが、グリーン車であるキロハ182形(普通車との半室構造)は0番台の車両が用いられています。半室グリーン車構造ですが、グリーン車の客室は基本的には元と同じスペースが用いられています。

1903 グリーン車のシートは横3列シートとなりグレー系のシートが並んでいます。テーブルは肘掛収納テーブルが備わっています。<体験時期 2017年5月>




upperclass at 00:43コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
JR特急/急行 グリーン車 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月間アーカイブ