2012年07月08日

北海道のリニューアルされた特急列車グリーン車

P1060529 JR北海道の特急のうち、「スーパーおおぞら」号、「スーパー北斗」号、「北斗」号で運転される列車では、昨年よりグリーン車のリニューアル化が進んでいます。
 これらの列車にはキハ283系、キハ281系、キハ183系と3種類の車両で運転されており、通常、キハ283系は「スーパーおおぞら」号、「スーパー北斗」号の両方に使用されておりますが、キハ281系は「スーパー北斗」号のみ、またキハ183系は「北斗」号のみでの運転となります。


P1060505 リニューアル後のシートは各形式共に共通で茶系のシートとなっており、N700系「のぞみ」号を連想させる色合いです。
 テーブルは背面テーブルのみですが、ノートパソコンも置けるような大型のものとなり、また端席などでは背面テーブルの代わりに壁からの大きなテーブルが備わっています。もちろん各席にはコンセントも装備されております。

P1060507 また枕部は少しふくらみがあり、また両サイドは耳のように少し覆いとなる形状をしております。さらに肘掛には、ドリンクホルダーもあり便利です。また耳の部分には読書灯も付いています。
 シート配列は横3列シートですが、キハ283系、キハ281系では元々5番席で「2-1配列」から「1-2配列」に変わりますが(5番席は「1-1配列」)、リニューアル後もこのスタイルが保たれています(キハ183系では、「2-1配列」が続きます)。

P1060512 現在では、リニューアル化もかなり進んでおり、JR北海道のホームページには「スーパーおおぞら」号については、リニューアルグリーン車連結日の案内もあります(都合により連結列車などが変更となる日もあります)。<体験時期 2012年4月、5月>

キハ283系グリーン車シートマップ(概略模式図)はこちら


形式毎の使用列車

●キハ283系:スーパーおおぞら号、スーパー北斗7号、21号、2号、16号

●キハ281系:スーパー北斗1号、3号、9号、13号、15号、6号、10号、12号、18号、22号

●キハ183系:北斗5号、11号、17号、19号、4号、8号、14号、20号

※スーパーおおぞら13号、2号はグリーン車が連結されません(繁忙期は連結される日があります)


リニューアル改修済みグリーン車(2012年6月末現在)

●キハ283系7両のうち5両

●キハ281系4両のうち3両

●キハ183系5両のうち2両


シート設備等

大型背面テーブル(一部の席では引上げ式テーブル)、ドリンクホルダー、フットレスト、読書灯、コンセント



とくとく切符情報

< グリーン往復割引きっぷ >

札幌〜帯広、釧路

札幌〜函館

特急列車のグリーン車が往復利用できる切符で6日間有効





upperclass at 01:56コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
JR特急/急行 グリーン車 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by はやぶさ301号   2012年07月10日 16:37
5 初めまして。
北海道の特急のグリーン車は座席が3列なんですね。本州は4列もあるけど。最近は安全を配慮してか、パノラマタイプの先頭車はあまり見かけなくなりました。ハイデッカー車両もバリアフリーの関係で少なくなっています。体が不自由な人が鉄道を利用する事を考えればやむを得ません。しかも北海道は不祥事があったばかり。西日本の歴代社長も強制起訴され裁判中。それから、東海の会長も橋下市長に叩かれています。
北海道新幹線が出来ようとしていますが、出来てしまうと、函館〜札幌間の在来線特急はなくなるだろうと思います。
私のブログは疎かにしていますが、たまには遊びに来てください。コメしている間、URLを忘れてしまったので、「はやぶさ301号」で検索してみてください。
2. Posted by アッパークラス   2012年07月10日 20:42
はやぶさ301号様 コメントありがとうございます。

JR北海道ではすべて横3列シートですので、ゆったりしていますね。

北斗号にはハイデッカータイプのグリーン車もありますが、近年はやはりバリアフリーや振り子タイプのためか、通常の車体になってしまいました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月間アーカイブ