2011年04月10日

関西から中国山地を抜けて鳥取県へ「スーパーはくと」グリーン車

P1170604 京都・大阪方面から山陽線を走り、途中第三セクターの智頭急行線を経由して鳥取、倉吉方面とを結ぶ特急「スーパーはくと」には、智頭急行の車両が使用されております。
 デビュー当時は普通車のみでしたが、1997年より半室ながらグリーン車も登場しております。


P1170620 ブルーの帯の入った車体は振子式車両となりカーブの多い智頭急行線でも高速走行ができます。そのため、大阪〜鳥取間では2時間30分程度の走行となっています。
 もちろん、新大阪での新幹線の乗り継ぎも可能ですが、姫路にも停車しますので、東海道新幹線沿線からの利用にも時間短縮となります。

P1170614 グリーン席は4号車の京都寄りに6列配置されており、横3列シートとなっています。
 テーブルは背面テーブル以外に肘掛収納テーブルもあります。また1人掛けシートにはコンセントも装備されております。荷物棚は飛行機のように蓋がついたものとなっています。

P1170610 2009年頃までにリニューアル工事がなされ、車内の雰囲気も変わり茶系をイメージしたものとなりました。
 グリーン席ではシート色が黄色(明るい茶系)となり、それまでの緑色のイメージから一新されております。<体験時期 2011年3月>

スーパーはくと号グリーン車シートマップ(概略模式図)はこちら


運転区間

京都〜鳥取、倉吉(東海道線、山陽線、智頭急行線、因美線、山陰線)
1日7往復

下り2本(9号、13号)上り1本(14号)は鳥取駅発着


編成

5両編成(通常の場合、繁忙期などは6両編成となることがあります)

・普通車自由席:2両
・普通車指定席:2.5両(繁忙期は3.5両)
・グリーン席:0.5両(4号車半室)
※全車両禁煙


グリーン車座席タイプ

3列シート 4号車1番席〜6番席(1番席側が京都寄り) 下り列車で進行方向左側が1人掛けC席


upperclass at 04:18コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
JR特急/急行 グリーン車 

●メールマガジンでは、毎週火曜日記事のアップ状況をお知らせしています。
メルマガ購読・解除
グリーン車 アッパークラス体験記
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月間アーカイブ