2010年02月28日

ANAプレミアムクラス松山空港発を体験

P1110249 松山空港から羽田空港へのANAプレミアムクラスを体験してきました。羽田空港〜松山空港では基本的には全便にプレミアムクラスが設定された機種での運航となります(機種変更により設定がない場合もあります)。
 今回は松山空港を朝7時35分に出発する(2010年2月時)582便に搭乗しました。


P1110254 機種はボーイング777-200型機で前方の21席(2-3-2配置×3列)がプレミアムクラスとなります。
 日曜の朝便ということもあり、プレミアムクラス利用率は4割程度でありました。特に飛行中、太陽の光が当たる右側席(K席側)は空いているようにも感じます。

P1110257 この便では朝食が提供され、松山空港発朝食は「鈴木弁当店」のものでありました。この「鈴木弁当店」は松山駅などでの駅弁を作っている会社のようです。
 鮭のほぐし身の入った若布ご飯をメインに塩鯖や煮物、五目巾着といった和風のおかず、そしてフルーツにうぐいす餅のメニューでありました。和風ですので、温かいお味噌汁も合わせて提供されました。

P1110260 この日は天候もよく、松山空港を離陸すると四国を南下し太平洋へと出てから東へ飛行する空路でありました。
 また、食後にはフルーティーな紅茶もいただき、快適な空の旅のひとときを体験することができました。<体験時期 2010年2月>

プレミアムクラス設定便:
 羽田〜松山線は基本的に全便に設定(機種、ボーイング777-200型、同767-300型) ただし機種変更で設定がなくなることもあります(空席案内や発着案内等でご確認下さい)

松山発羽田行き食事提供便:
朝食(7:35発 582便)
昼食(11:50発 590便)
夕食(19:45発 598便)
上記以外の便は「プレミアムデリ」が提供されます。

利用座席位置:
3K席(前から3列目右側席、プレミアムクラスでは最後列となります)
582便の場合、飛行中、右側席は太陽が差し込みます。また飛行中、左側席からは富士山が見られる旨の機内放送がありました。

その他:
7時35分発(ANA582便)は空港リムジンバスが接続されておらず路線バス(普通便)の利用となります。

上記情報は2010年2月のものです。

ANAホームページ





upperclass at 11:26コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ANA プレミアムクラス・スーパーシート 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月間アーカイブ