2010年02月21日

のぞみ号とひかり号の改札内乗継を体験

P1110101 東海道山陽新幹線では新幹線の改札口を出なければ、同一方向の新幹線を乗り継いでも通しの特急料金で計算されます。
 ただし「のぞみ」号の場合には「ひかり」号より若干特急料金が高いので、「のぞみ」号加算額が必要ですが可能です。
 乗換え無しにそのまま目的地に向かう方が便利ですが、山陽新幹線には「ひかりレールスター」が走っており、この列車の普通車指定席は横4列シートと快適ですので、今回は山陽新幹線内で「ひかりレールスター」に乗り継いでみました。


P1110128 今回は東京駅から小倉駅へ向かう際に途中の福山駅で「のぞみ」号から「ひかりレールスター」に乗換えます。
 東京駅からは「のぞみ5号」に乗車しました。この列車は新大阪駅には9時06分に到着します。この9分後に新大阪駅を発車する「ひかり553号」が「ひかりレールスター」での運転となります。

 もちろん新大阪駅でも乗換えが可能ですが、新大阪駅ではホームが異なるため、階段を上り下りする必要があります。そのため同一ホームでの乗換えなら新神戸駅が便利です(ただし、新神戸駅まで「のぞみ」号を利用すると加算額が新大阪駅より100円高いものとなります)。

P1110119 その先の駅では岡山駅でも乗換えが可能ですが、福山駅は東京駅からの営業距離が「791.2キロメートル」となり、グリーン料金が800キロまでの区間が適用されます。福山駅の乗換えも同一ホームであります。

 改札内乗継ですので、在来線ホームへも行けませんが、福山駅では「のぞみ5号」が発車した10分後に「ひかり553号」が到着しますので、あまり時間の長さを感じません。
 ちょっとした気分転換に外の空気をすったりとできますので、時間のある時には、このような乗継もいいかもしれません。<体験時期 2010年2月>

乗継条件:
同一方向に向かう列車について新幹線改札口を出場しないで乗り継ぐこと

特急料金計算:
通しの特急料金で計算されます。ただし

・一部区間自由席利用の場合でも全区間の指定席特急料金が適用されます(グリーン車と普通車指定席との乗継時には発券がややこしいようです)

・「のぞみ」号との乗継には別途加算額があります(例:東京〜新大阪間「のぞみ」利用の場合は300円、東京〜岡山間の場合は500円など)

詳しくは時刻表等でご確認をお願いいたします。

JR東海 | JR西日本おでかけネット

upperclass at 09:22コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
新幹線グリーン車 | その他お役立ち情報

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月間アーカイブ