2010年02月18日

500系「こだま」号を探検

P1060048 先日ご紹介した山陽新幹線を走る500系「こだま」号。見た目は16両編成の「のぞみ」号と同じような感じですが、今回は500系「こだま」号の特徴を紹介します。
 ホームでの乗車位置は「8両編成緑色」のマークが目印です。山陽新幹線の駅も16両編成が停車できるようになっておりますので、500系「こだま」号ではホーム中央付近に停車します。16両編成ではホーム先端に位置した先頭部分もじっくりと見ることができそうです。


060 全車両禁煙の500系「こだま」号では3号車と7号車の博多寄りにはN700系のような喫煙ルームがあります。
 3名ほどが入れるお部屋となっており通路とはガラス戸で仕切られています。この喫煙ルームには残念ながら窓はありません。

103 また一部の8号車運転台寄りには「お子様向け運転台」があります。
 本物の運転台をイメージしたもので、ハンドルや各種パネルが設置されており、小さなお子様も飽きることなく楽しめそうです。


JRおでかけネット500系「こだま」号紹介ページ





upperclass at 06:36コメント(1)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
その他お役立ち情報 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 西はいいね   2013年09月17日 12:52
5 500系こだまの指定車両はなんとグリーンだった。びっくり

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月間アーカイブ