2007年08月20日

白馬・栂池高原へ便利な特急バス

P1000242 白馬方面へ向う交通路として、JR大糸線が一般的ですが、今回は変わったルートをご紹介します。
 大糸線は、特急列車もありますが本数も非常に少なく、また普通列車では松本〜白馬間の所要時間は1時間半以上であり、さらに車内はロングシートが主体で旅行気分がありません。今回ご紹介するルートは松本ではなく、長野駅からバスで向うルートです。


P1000253 長野駅東口より、松本電鉄・川中島バスの運行で白馬・八方・栂池高原方面、白馬乗鞍行き特急バスが発着しております(一部のバスは八方止まり)。
 長野駅東口を出発した特急バスは国道19号線、犀川沿いに走行し、白馬長野有料道路を経由、県道31号線と同33号線を走行し白馬駅へと向かいます。
 ちょうどこの道路は1998年に開催された長野オリンピックの際に、長野駅と白馬会場と結ぶ連絡する道路として活用・整備され、オリンピック道路とも呼ばれております。

P1000241 高速道路は走行しませんが、バスは観光バスタイプの車両で、リクライニングもしますので快適です。
 2時間以内に1本の運行本数がありますので、事前に時間を調べていけば安心です。
 また大糸線では八方・栂池高原方面へは路線バスへ乗換えしなければなりませんが、この特急バスなら長野駅から直通です。

P1000259 長野駅では長野新幹線と接続が良いように、バス発着は新幹線側の東口からとなっております。

 東京方面なら、特急「あずさ」号〜大糸線より、早くて快適な新幹線「あさま」号〜白馬方面行き特急バスで出かけてみてはいかがでしょうか。<体験時期 2007年7月>

松本電鉄 | 川中島バス




upperclass at 07:58コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
高速・特急バス 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by BK   2007年08月23日 02:46
オリンピック道路!!
滅茶苦茶懐かしいです、長野在住時代は大町市と小谷村で半年現場を張ってましたので毎日通勤で使っていました。

因みに一度通勤中にクルマが壊れてこのバスで帰って来た事が有りました、あの時ほどこのバスが有り難く感じた事は無かったですね。
2. Posted by アッパークラス   2007年08月23日 07:16
BKさん、コメントありがとうございます。

長野から白馬・大町方面へは向うには、重要な道路となっているようですね。
観光だけではなく、ビジネスでも利用価値がありそうですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月間アーカイブ